ユニバーサルデザインの7原則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一言にユニバーサルデザインと言っても、

・どういう状態をユニバーサルデザインというのか
・どこまでやれば、ユニバーサルデザインなのか
・何か基準はないのか

という疑問があると思いますが、

「ユニバーサルデザインの7原則」
というものがあります。

 

 

 

ユニバーサルデザインの7原則をうまく満たすことで、
それらは、
ユニバーサルデザインへと近づいていきます。

今日は、ユニバーサルデザインの7原則について
概要を学んでいきたいと思います。

 

 

 

ユニバーサルデザインの7原則

原則1 同じように利用できること(公平な利用)
原則2 使う際の自由度が高いこと(利用における柔軟性)
原則3 単純で直感的であること
原則4 情報が認知できること
原則5 失敗に対し寛容であること
原則6 身体的な負担が少ないこと
原則7 近づき使える寸法・空間であること

 

 

 

 

 

では、一つずつ、見ていきます。

 

 

 

 

 

原則1 同じように利用できること(公平な利用)

【ガイドライン】
・すべての利用者が、可能な限りいつでも同じ手法・方法で利用できること
・どんな利用者も差別や特別扱いをしないこと
・すべての利用者のプライバシー、安全、安心に配慮すること
・すべての利用者に魅力あるデザインとすること

ユニバーサルデザインコーディネーター準2級公式テキスト(発行元:実利用者研究機構)

 

例えば、自動ドアは、

「自動ドアの前に立つ」という手段で、
多くの人が利用できます。

車椅子、松葉杖、ベビーカーの人でも、
同じ手段で利用できます。

たまたま買い物で手がふさがってしまった人でも
魅力的なデザインです。

 

 

原則2 使う際の自由度が高いこと(利用における柔軟性)

【ガイドライン】
・利用する方法の選択肢を用意すること
・右利きと左利きのどちらでも使えるようにすること
・利用者の的確で正確な操作を促すこと
・利用者個々の速さにあわせられること

ユニバーサルデザインコーディネーター準2級公式テキスト(発行元:実利用者研究機構)

 

駅などに、
階段、エスカレーター、エレベーター
それぞれ用意されているとしたら、

利用者の特性、状況によって、
どれを使うか選ぶことができます。

例えば、急いでるサラリーマンは、
階段を駆け上がったり、駆け下りたりした方が、
速く目的地にたどりつけるかもしれません。

スーツケースを引きずっていれば、
エレベーターやエスカレータのほうが、
スーツケースを持ち上げる必要がなくなります。

車椅子の人でも、エレベーターであれば、
利用できます。

 

 

 

 

原則3 単純で直感的であること

【ガイドライン】
・不必要な複雑さがないこと
・利用者の予測や直感的に一致させること
・幅広い読み書き能力や言語能力に対応し使用できること
・情報補は入れるをその重要度に一致させること
・作業中や終了後の効果的な指示や反応があること

ユニバーサルデザインコーディネーター準2級公式テキスト(発行元:実利用者研究機構)

例えば、
よくあるタコ足配線。
通電しているとランプがつくようになっているものがあります。
そのコンセントに差して、充電などができるようになっていることが
直感的にわかるようになっています。

テレビなどのリモコン。
赤く目立つボタンが、電源のボタンであることが多いです。
直感的に、このボタンを押せば良いということがわかるようになっています。

 

 

原則4 情報が認知できること

【ガイドライン】
・重要な情報は、画像・音声・触覚など異なる方法で、豊富に表現すること
・重要な情報と、その周囲との間に適切な対比を設けること
・重要な情報は、最大限読みやすくすること
・記述できる方法で、各要素を区別すること
・感覚的制限のある人が使う様々な技術や装置と互換性を持つこと

ユニバーサルデザインコーディネーター準2級公式テキスト(発行元:実利用者研究機構)

 

エレベータの中で、
何階に向かうか、音声ガイダンスが流れるのは、
視覚の情報が得にくい人にとっては
情報が得やすくなります。
さらに英語でも音声ガイダンスがあれば、
外国の人にも、伝わりやすくなります。

電車の電子掲示板で、次の停車駅を、
日本語と英語で伝えると、
外国の人にも情報を伝えやすくなります。

 

 

 

原則5 失敗に対し寛容であること

【ガイドライン】
・失敗や危険を最小限にするために要素を整えること
・最も使われる要素を最もアクセスしやすくし、危険な要素を除外したり隔離したり遮蔽すること
・危険や失敗の警告を発すること
・失敗しても安全な特徴をもつこと
・警戒が必要な作業において無意識な動作をさせないようにすること

ユニバーサルデザインコーディネーター準2級公式テキスト(発行元:実利用者研究機構)

パソコンなどで、
削除してはいけないソフトなどは、
「本当に削除していいか」確認をしてくれたりします。

大事なデータを間違えて削除してしまっても、
復旧できることもあります。

 

 

 

原則6 身体的な負担が少ないこと

【ガイドライン】
・利用者が無理のない姿勢で操作ができる
・合理的に力が作用するようにすること
・繰り返しの動作を最小限にすること
・身体的な無理を続けることを最小限にすること

ユニバーサルデザインコーディネーター準2級公式テキスト(発行元:実利用者研究機構)

コンビニやお店などで、
現金を出さずに、電子マネーやクレジットカードで
支払える場所が増えてきました。

カバンから財布を出して、
お札と小銭を出して
おつりをもらって

という行為が

カード一枚で済むようになりました。

身体的な負荷がかかる工程が減っています。

 

 

 

原則7 近づき使える寸法・空間であること

【ガイドライン】
・座っていても、立っていても、重要な要素がはっきり目に付くようにすること
・座っていても、立っていても、すべての部分に楽に手が届くようにすること
・手のサイズや握ることのできるサイズが様々な人が利用できること
・補助用具の利用や介助のために、十分な空間があること

ユニバーサルデザインコーディネーター準2級公式テキスト(発行元:実利用者研究機構)

 

多目的トイレには、
万が一の時の救助用のボタンがありますが、
それは、トイレで倒れてしまった時でも、
床に近いところに設置してあったり、

トイレに座っている状態でも、
紐を引っ張ってそのボタンを押すこともできるようになっています。

 

 

以上が、
ユニバーサルデザインの7原則です。

 

 

今日は、概要だけの説明になりますが、
一つだけ重要なことを言います。

原則とはいえ、
すべて満たせばいいというわけではない

ユニバーサルデザインの7原則は、
料理でいうことろの調味料のようなもので、
適材適所で、
必要に応じて、
原則を守らないという選択も必要です。

 

例えば、
原則2の「選択肢が多い」と
原則3の「直感的に使える」
を例に考えると

電気の明るさを調整できるボタンが3つ
(暗め、普通、明るめ)と
主電源が1つあったとしたら、

明るさを調整できるという意味で
選択肢は広がりますが、

どのボタンが、
どういう機能なのかは、
直感的にわかりにくくなります。

 

 

 

 

ユニバーサルデザインの7原則は、
お互いの原則のバランス感覚が重要になります。

次回は、
少し一つずつの原則について、
見ていくことにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*