個人事業用の口座を開設する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人事業を開業したら、
次に考えるのが、
個人事業の口座を開設すること。

クライアントからの報酬や
経費の計算をするにあたり、
一括で仕事用の口座を作ることは
有効かと思います。

では、その手順を、
私が行った方法で
説明します。

 

 

とにかく、近くの信用金庫へ相談する

 

ビックバンクは、いろいろ手続きが
面倒なような気がしたので、
歩いて行けるところにある
信用金庫へ駆け込みました。

 

「個人事業用の口座を作りたい」
といえば、
可否も含めて回答いただけるはずです。

 

幸い、
私が選んだ城北信用金庫は、
簡単に口座開設への手続きへ
移ることができました。

 

その際、持っていた方がいいものは、

・本人確認書類(顔写真付きがベター)
・口座開設用印鑑
・マイナンバー確認書類

です。

 

 

 

 

注意点。

 

屋号名がある場合は、

クライアントが、
自分の口座に振込む際の
振込画面に、
「屋号名」と「個人名」が両方載るように、
お願いしましょう。

 

通常は、
個人事業主は、
個人の名前が優先されます。

屋号名がない人もいます。

フリーランスと何が違うのかというと、
正直そんなに変わりません。

 

なので、金融機関も
屋号名をそんなに重要情報として
扱わず、
個人名さえしっかりわかっていれば
口座は作られます。

 

法人なら、
「株式会社○○」のように、
会社の名前が前面に出てきますが、

 

個人事業主の場合は、
「個人の名前」が
前面に出てきます。

 

しかし、
多くの個人事業主は、

「フリーランスではなく、
事業を立ち上げて仕事してる」

ということを、伝えたい理由で、
個人事業を立ち上げているケースが
多いかと思います。

 

そのためには、
一番重要な、
お金のやり取りをする瞬間は、
「個人名」だけではなく、
「屋号名」も一緒に
載ってほしいと思うはずです。

 

なので、それをしっかり
金融機関の方に伝えましょう。

 

 

私の場合、

振込画面に、
屋号名が載っていなかったので、
載せてもらうように
再度手続きをしました。

二度手間になってしまいました。

 

 

ちなみに、

屋号名がカタカナになってしまったり、
・個人名の前に載せるか、後ろに載せるか、

 

 

金融機関によって制約があると思うので
そこは、実際に相談して、
適切なところを選んでみてください。

 

 

 

以上が、口座開設の説明です。

少し短めですが、
これに関しては、
金融機関に行って相談する方が
断然早いです。

まずは、お近くの金融機関に
足を運んでみましょう。

 

写真は近所にある
城北信用金庫です。
工事中で、
仮店舗営業の状態です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*