大曲花火がなぜこんなに私の心に定着したのか??

平成最後の夏

と言われ続け、
だからという理由で
これでもか!!謳歌する人もいれば、

だからといって!!と
余裕噛まして
例年通り過ごす人もいます。

私はというと、
どちらかといえば後者かなと
感じるのにも理由があり、

そう思わせてくれたのは、

「暑さは続くものの
暦の上では夏も終わりかけ」
といった時期に行われる
大イベントのおかげだな
と、日々感じるわけです。

 

 

続きを読む

「話すだけ」の価値を理解する

私の家族は4人家族でした。

晩御飯のあとは、
2時間、
4人で色んな話をする日も
たくさんありました。

時には、
ニュースの内容について
それぞれの意見を言い合う
ディベートのようなことも
していました。

特にやらされるわけでなく、
ごく自然とそれをする
家族でした。

母が亡くなったことをキッカケに、
家族で晩御飯を囲む機会が減りました。
家族で話す時間も減りました。

その後、
私個人に
大きな変化がありました。

続きを読む

ユニバーサルデザインは、他人のためにあるのではなく”自分”のためにある

私が、自己紹介をするときに、
「ユニバーサルデザインコーディネーター
という仕事をしています」
というと、
このような反応をされます。

・「ユニバーサルデザイン、
 とってもステキですね」

・「いろんな人のことを考えて、
 それに合うデザインを考える
 人のためになる、素晴らしい仕事ですね」

 

私としては、意外な反応です。

 

 

続きを読む