努力とは、コスト削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よく聞くお話です。

「私は、新しい魅力を手に入れたいので
努力します」

「新しい自分になるために、
努力します」

「過去の私と決別したいので
努力します」

 

 

 

とても素晴らしいとは思いますが、
それを聞いたときに、
私は、こう思います。

 

 

なぜそんな大変なことを
わざわざするの?

 

 

・努力は、
 新しい魅力を作り出すためにするものでは
 ありません。

・努力は、
 新しい自分になるためにするものでも
 ありません。

・努力は、
 過去の自分と決別するためにするものでも
 ありません

 

努力とは、
今ある魅力を最大限に発揮するために
必要な労力を、
必要最低限に抑えるためにするものです。

 

今あるあなたの魅力が
100だったとして、
その100の魅力を出すために、
90の労力を使うとしたら、

その90の労力を
80、70に下げる行為を
努力といいます。

 

今あるあなたの魅力が
100だとして
その魅力を120に上げるために
今まで90の労力で十分だったのに
100の労力を使うことになりました。

という行為は
努力とは言いません。

無謀といいます。

 

 

 

もちろん
反論もあるかと思います。

 

 

「それは、成長をしようと努力している人を
否定しているのですか?」

「若い人の頑張ろうという気持ちを
踏みにじるのですか?」

「努力というもののとらえ方は、
人それぞれでいいはずです」

 

 

おっしゃる通りなのですが、
私が言いたいのは、
その努力というものを

 

「一体いつまで続けるつもりですか?」

 

ということです。

 

120の魅力にするために
100の労力を使い続けて
魅力に磨きをかけて
努力するのは構いませんが、
それを、何十年続けるつもりですか?

 

成長のために努力する行為を
問題視しているわけではありません。

労力を100の状態を
ずっと続けることを
問題視しています。

 

言い換えれば、
心に全く余裕のない状態を
続けることが良くないと
言っています。

 

この状態を続けると
いずれキャパオーバーになります。

 

いざ!!
というときに、
対応できなくなります。

 

魅力を
100から120に上げるのは
構いません!
してください。

 

しかし、
その前に
あなたの今現在の魅力を
出すための労力を下げてください。

つまりコスト削減を
必ずしてください。

 

言い換えれば、
あなたの今の魅力を
あなた自身が信じ切って
当たり前に出せるようにしてください
と言っています。

 

 

まずコスト削減をしないと
心に余裕が持てなくなります。

心に余裕が持てなくなると、
人の話に耳を傾けなくなります。

人の話に耳を傾けなくなると、
選択肢が狭まります。

あなたが次のステップに進むときに
その判断材料が減ります。

判断材料が少ないと、
正しい工程で
成長や魅力の磨きができなくなります。

 

つまり、
普段の労力を減らして、
心に余裕を作り、
あらゆる事柄を
受信できる体質を作ってください
と言っています。

 

そうすれば、
体が勝手に
成長のための材料を
集めてきてくれます。

 

 

成長のためには
「成長を意識しない」
ことが重要です。

 

 

勝手に体が動くので、
そのタイミングを逃さないために、
常に心に余裕をもってください。

そのために、
あなたの魅力を
最大限出すためにかかっていたコストを
削減するために
時間を使ってください。

 

 

 

 

 

と、
最近の社会現状を見て
つくづく思うことを記事にしてみました。

 

現代は、
普通でいることが
非常に難しい時代になりました。

誰もが、
自分をより魅力的に演じたり、
そのために無理な努力をしたりが
多く見受けられるようになりました。

しかし、
それが誰かの幸せのためだったとしたら
なおさら続けなければいけません。

 

そのために、
あなた自身の未来と、
あなた自身の体のことを考えてください。

 

誰かに魅力を伝え続けている以上、
あなたが倒れたら、
あなただけの問題ではなくなります。

 

魅力を伝え続けたいのであれば、
必ず、
コスト削減をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*