言葉の力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

allUが「話す」ことに執着している理由は、
「言葉の持つ力」が
とんでもないからです。

 

 

まずは、本のご紹介。

 

「言葉は現実化する」
~人生はたった一言から動き始める~

著者:松永茂久

 

こちらの本には、
普段、私たちが何気なく発している言葉が
いかに、その人の未来に直結しているかを
解説している本になります。

シンプルに言うと
プラスの言葉を使えば、プラスに人生が動く
マイナスの言葉を使えば、マイナスに人生が動く
という説明もありました。

その本の中には、
「引き寄せの法則」という
文言もでてきました。

「思考」
つまり、頭の中で考えていることよりも
「言葉」
実際に発せられた言葉の方が
強い力を持つという考え方です。

 

 

これについては、
allUの持つ思想にかなり近いです。

 

 

allUの1on1トークの目的は
あなたが考えていることを
頭の中にしまっておかないで
一度「話す」という行為の中で、
アウトプットしてもらい、
頭の中を一度スッキリさせよう

というものです。

 

その意図は、
記憶にとどまりやすく、
かつ、
他のことを考える余裕も生まれることです。

 

この本を読んで、
私が学生のころ大切にしていた
思想を思い出しました。

 

 

「根拠のない自信」

 

 

人は、何かチャレンジするとき、
成功するか失敗するかの判断をします。

成功しそうな材料がそろえば、
チャレンジし、
その材料を使って、
成功率を極限まで高めて、
行動に移していくと思います。

 

しかし、私は
学生という身分を利用して、
「失敗したって別にいいや」
という思いが強かったです。

そして、目の前に
チャレンジしたいことがあったときに、
それが成功するか、失敗するかの材料など
無いことがほとんどでした。

なので、
「チャレンジする」と決めて
「うまくいく根拠は?」と聞かれれば、
「そんなものない!」
と答えていたのを思い出しました。

しかし、
このやり方で
失敗したことがありませんでした。

 

社会人になってからは、
そのような機会に多く恵まれることは
ありませんでしたが、
この経験から
「言葉」が現実になるというのは
本当です。

 

 

強いていうなら、
「何をもって成功か」
という基準は、
他人ではなく、
自分が決めることをお勧めします。

 

「根拠のない自信」という思想は
言ってしまえば、
「成功」を前提にした考え方です。

成功がそこにあって
どのレベルの成功感を味わいたいかを
葛藤し、そのレベルまでもっていくために
自分が努力していくものです。

 

成功の基準を
他人にゆだねてしまうと、
そもそも自分が味わいたかった
成功感を味わえなくなります。

 

決して、
楽して、いい蜜を吸うためのお膳立てを
自分でしろということではありません。

 

自分が努力した行動は、結果が必ず出て、
それを評価するのが他人だけだと、
万が一その評価が低ければ、
次への活力を得られないまま
無駄骨になる可能性があります。

それは避けたいのです。

 

その自分の行動は、
自分もしっかり評価した方がいいということです。

その自分の評価は、
高くてよいのです。

 

それぐらい、
成功体験というのは、
社会で生きていく人間にとって
重要です。

 

 

言葉を発するのは簡単ではない

 

 

とはいえ、
自分が言葉を
常に発していくのは、
難しいことです。

 

「すごいね」と褒められれば
「そんなことないですよ」と謙遜し

「できる?」と聞かれれば、
「検討します」と、できる即答をしないものです。

 

偉そうに「根拠のない自信」について語った私でも
こうなります。

 

それだけ、「言葉には重みがある」という
証拠にもなります。

 

なので、
allUの1on1トークについて
理解しているあなたなのであれば、

実践で言葉を発する前に
allUの1on1トークで練習してください。

 

何を言ったって、
社会的な責任が問われることはありません。

 

話を聞いているのは、
第三者の私だけです。

普段言っていない言葉を発するということが
自分にとってどんな影響を与えるのかを
肌で感じることが重要です。

 

それがプラスの言葉なのか
マイナスの言葉なのか

それによって人生がどう変わっていくのかを
判断するのには
時間がかかるでしょう。

 

ただ一つ言えるのは、
「言葉」にしないと
何も変わらない

ということです。

 

あなたが発した言葉が
プラスなのかマイナスなのかは
私は判断できません。

ただあなたが
「言葉を発した」か
「言葉を発してない」かは
わかります。

 

そんな使い方もできるのが
allUの1on1トークです。

自由な発想で、
うまく利用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*